ADSLのメリットとデメリットとは

ADSLと言えばなんか昔のインターネット回線といったイメージですが、まだまだ多くの利用者がいるのが現状です。特にインターネットにあまり関心のない人はADSLの人が多いのではないでしょうか。

ここではADSLのメリットとデメリットを紹介していきます。ADSL契約検討中の人はチェックしておきましょう。

ADSLのメリット

ADSLのメリットは料金が安く、自宅に作業員が来て工事が必要のないところです。

料金の安さはインターネット回線の中でもっとも安いと思われます。サービス面が悪いことから料金の安さは当然と考えた方がいいですね。

工事についてですが、NTT局内工事となりますので自宅に作業員が来ることはありません。NTT局内工事が終わればすぐにインターネットを利用することができます。なので自分は待っておくだけで開通ということになります。

ADSLのデメリット

ADSLのデメリットとして速度が安定しておらず、遅いというのがデメリットです。ADSLといってもプランがたくさんあり、一番早いプランでも光回線とは比べ物になりません。

またNTT基地局までの距離に比例して速度が落ちてしまうため、住んでいる場所も非常に重要になってきます。ADSLは外的要因に速度が左右されやすくなっており安定していません。

他回線のサービス提供エリア外である場合や、とにかく料金を抑えたいという人はADSLがいいかもしれないですね。料金を抑えたい人も少し無理して他回線にした方がいいと思います。

ADSL事実上終了

2000年頃からADSLのサービスを開始され、多くの方に利用されてきたADSLですが、NTT東日本・西日本ともに2016年6月に新規受付を終了しました。

KDDIは2013年にすでに新規受付を終了。OCNは2017年3月までに新規受付終了となっています。

近年モバイル回線や光回線がインターネット回線として非常に便利になっており、コストパフォーマンス的にもADSLに契約する必要がなくなりました。

悲しいようですがADSLのサービスを提供しているプロバイダー自体が少なくなっています。

このようにADSLは事実上終了となりつつあり、今後は光回線やモバイル回線がメインとなっていきそうです。

光回線どこがいい?光回線代理店比較
オプション加入なしの光回線契約代理店を比較して紹介しています。

WIMAXどこがいい?WIMAXプロバイダー比較
WIMAXのおすすめプロバイダーを比較しています。