インターネット回線の工事について

インターネット回線の工事について疑問を感じている人もいると思います。どのような工事をするの?といった感じだと思います。

特別大きな工事をするということはありません。ただ光回線の工事は少し面倒になってしまいますので各回線ごとにどのような工事が行われるのかを見ていきましょう。

光回線の工事

インターネット回線の中でも少し面倒なのが光回線の工事です。マンションに住んでいる人は光ファイバーを引き込む工事は必要ありません。

というのもマンションには光ファイバーが引き込まれているのがほとんどで、引き込まれていない場合は大家に相談して了承を得なければいけません。

工事が必要ないとはいえ作業員が家に来て光回線を開通するための簡単な作業を行います。

戸建てにお住みの人は必ず光ファイバーを引き込む工事が必要になります。

電話の配管を使って光ファイバーを引き込むのが一般的ですが、場合によっては壁に穴を空ける場合もあります。

ADSLの工事

ADSLの場合は自宅での工事は必要はなく、NTT局内の工事を行います。なので自宅に作業員が来ることはありません。

NTT局内工事が終われば開通となります。工事という工事はなく利用開始までの時間は非常に短いです。

高速モバイル通信の工事

高速モバイル通信の場合は端末が届けばインターネットを利用できるため、工事の必要はありません。

端末が届けばスイッチを入れて設定すればインターネットに接続されます。

工事日の決定について

光回線のインターネット開通工事は申し込みから電話にて工事日の決定→工事開始となります。

しかしインターネット開通工事は3月~4月の新生活シーズンには工事が込み合うことからインターネット開通工事が大幅に遅れる可能性があります。

特に平日は仕事をしている人が多いため、立ち合いの必要なインターネット開通工事は土日に集中します。

そのため3月~4月の土日を希望した場合、2ヶ月以上待つ可能性もあります。

予定日までにインターネットを開通させておきたい場合は早めの申し込みと、平日に工事日を設定すると早く工事をしくれます。

光回線どこがいい?光回線代理店比較
オプション加入なしの光回線契約代理店を比較して紹介しています。

WIMAXどこがいい?WIMAXプロバイダー比較
WIMAXのおすすめプロバイダーを比較しています。