プロバイダーと回線業者とは

プロバイダーと回線業者の違いについてあまりよく理解されていない方が多いので紹介したいと思います。

特に光回線でインターネットに接続するためにはとりあえずプロバイダーに申し込まばいいと考えている人も多いですが、プロバイダーと回線業者と契約をして初めてインターネットに接続することができます。

ADSLや高速モバイル通信の場合はプロバイダーに申し込めば他の手続きは全てやってくれるので大丈夫なのですが、光回線の場合はプロバイダーと回線業者2つの契約が必要になります。

回線業者とはインターネット回線を提供してくれるサービスになります。光回線を利用する場合は回線業者は光ファイバーをお客の自宅に手配する工事などを行います。

現在日本で主に利用されている光回線の回線業者はフレッツ光とauひかりになります。最近ではNURO光という回線業者も登場していますが。

プロバイダーとはインターネット回線ではなくインターネット接続業者になります。プロバイダーはインターネットの信号を流すことでインターネットに接続します。

なのでインターネット回線だけではインターネットに接続することはできず、プロバイダーと契約してインターネットの信号を流してもらう必要があります。

インターネットの回線業者の数は限られていますが、プロバイダーの数はかなりの数があります。

プロバイダーによってサービスや料金が違うので自分にあったプロバイダーを選びましょう。有名なプロバイダーはOCN、So-net、@niftyなどがあります。

回線業者は無難に・プロバイダーは安さやキャンペーン重視

回線業者は数も少ないですし、光回線の場合だと無難にフレッツ光に契約でいいと思います。

フレッツ光が1番サービス面も充実していると思うし、対応エリアも1番拡大しています。

プロバイダーこそ正直どこもあまり変わりません。特に光回線の場合はサポート体制もクソもありませんので安いのを選べばいいと思います。むしろどこでもいい。

しかしWIMAXになると話は変わってきます。光回線で言う代理店のようなものでキャンペーン内容が大きく異なってきます。

扱っている端末も異なりますし、色々と違いが出てきます。WIMAXの場合はキャンペーン内容やサポート体制で選んでいきましょう。

光回線どこがいい?光回線代理店比較
オプション加入なしの光回線契約代理店を比較して紹介しています。

WIMAXどこがいい?WIMAXプロバイダー比較
WIMAXのおすすめプロバイダーを比較しています。